自動車保険の賠償・補償

自動車保険比較RANKING

自動車保険に加入すると、その内容に応じて人や物への賠償責任を補償することができます。

自動車保険ランキングTOP > 賠償と補償

自動車保険の賠償と補償

自動車保険は自動車事故にともなって発生した賠償責任や損害を補償するものですが、その対象は大きくわけて『人』と『物』にわかれます。

人への補償については、他人を死傷させた時の損害賠償責任に対する補償である『対人賠償責任』を筆頭に、自分自身への損害を補償する『人身傷害保険』などがあります。

一方、物への補償については、自動車事故によって壊してしまった物の修理費などを弁済する『対物賠償保険』や、自身の車両の損害を補填する『車両保険』が挙げられます。

ここでは、それぞれの保険内容について説明します。

人への保険

対人賠償保険

自動車保険において、最も重要となる保険です。

自動車事故によって他人を支障させた場合に発生する損害賠償責任について、自賠責で補えない分を補填することができます。

保険金額はユーザーの任意によって変えられますが、無制限の補償が推奨されています。

無保険車損害保険

自動車事故に遭った場合、本来は加害者となる相手方から相応の賠償金が支払われますが、相手方が無保険で十分な金額が支払われないというケースがあります。

無保険車損害保険では、無保険車による事故に遭った場合、自車の保険から対人賠償保険相当額を支払ってもらうことができます。

無保険車損害保険は対人賠償保険に自動付帯されています。

自損事故保険

自損事故や自己過失100%の事故を起こして損害を負ってしまった場合、自車の保険から所定の保険金を支払ってもらえます。

対人賠償保険に自動付帯されています。

搭乗者傷害保険

事故によって運転者を含む搭乗者が死傷した場合に一定の保険金が支払われます。

ちなみに、家族以外の他人を乗せていてケガなどの損害を負わせた場合、賠償事故と認定されれば対人賠償保険からも保険金が支払われます。

人身傷害保険

自動車事故によって自身が損害を負った場合に保険金が支払われます。

無保険車傷害保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険を包括しているほか、歩行中の自動車事故による損害も含まれます。

人身傷害保険は相手方から支払われる保険金の代替的存在であり、示談中や加害者の捜索によってなかなか保険金が支払われない場合、入通院費や当座の収入として活用することができます。

後日、相手方から保険金が支払われたり、他の保険から給付された場合は、保険会社に立て替え分として支払われる仕組みになっています。

物への保険

対物賠償保険

自動車事故によって発生した賠償責任のうち、人的被害を除く賠償責任に対して補填を行う保険です。

事故で破壊してしまった物の修理や再購入費はもちろん、たとえば店舗などを破壊して休業に追い込んでしまった場合、その損害も休業損害として補填されます。

対物賠償責任は対人賠償責任同様、任意で保険金額を設定することができますが、鉄道車両と衝突したり、爆発物積載車との事故によって付近にも被害を及ぼした場合、賠償金が高額になるおそれがあるため、こちらも無制限の補償が推奨されています。

車両保険

自身の車両が一定の損害を受けた場合に支払われます。

車両保険の対象は自動車事故のみならず、車両の盗難風水害自然災害(地震や津波、噴火による被害は除く)による損害も含まれます。

車両保険は対人・対物賠償保険とは異なり、任意の加入となっています。

アクサダイレクト

アクサの無料見積・申込公式サイト ネット申込で最大5,500円割引 !
www.axa-direct.co.jp

ソニー損保

ソニー損保の公式サイトはこちら。 自動車保険と医療保険をご提供。
www.sonysonpo.co.jp

チューリッヒ

車の保険料、もっと節約しませんか? 気になる保険料をクイック見積り !
www.zurich.co.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 自動車保険の比較ランキング※口コミで評判はコレ! All Rights Reserved.